借り換えカードローンの返済期間はどれくらいになるの?

借り換えカードローンに限らず、どんな借金も返済期間が設定されています。その期間内に完済できるように返済計画を立てなくてはなりません。

実際の返済期間は年収、借入額、金利など諸々の条件で異なってきますが、3年、5年、8年、10年などで設定されています。
一般的に返済期間は短い方が低金利で借りられるのが普通とされているため、できるだけ短い期間で返済することを考えた方がいいでしょう。また、カードローン借り換えを利用するということは1社の残債務が大きくなるため、必然的に返済期間が延びることになります。すると利息の負担も大きくなってしまうので、低金利で借りて利息を抑えることは借り換えカードローンを利用する上での基本です。
ただし、金利と返済期間に関係についてはあくまもで一般論であり一概ではないので、事前に各社の借り換えカードローン借り入れ規約を確認しておくのがいいでしょう。

もちろん、はやく完済したいからと無理な返済計画を立てる必要はありません。毎月いくらなら返済に充てられるか、その上でどのくらいの期間で完済できるか、その際の利息はどのくらいになるのか計算してみてください。
まとめる以前よりも返済期間が延びるのは仕方がありませんが、利息の負担が大きくなってしまうなら意味がありません。まとめる以前に発生する利息よりも、まとめた後に発生する利息が少ないかどうかが借り換えカードローンに申し込む基準になるため、そのことを前提に利用しましょう。